HOME > 口腔外科

口腔外科

口腔外科

親不知の抜歯について

親不知 おやしらず(親不知)とは前から数えて8番目の歯のことを言います。通常18歳以降に生えてくるため、親元を離れて親が知らない頃に生えてくる「歯」と言うことでその名がついたと言われています。

【親知らずを抜歯する人が多い理由】
近年、食生活の変化からあごは小さくなっている傾向にあります。そのため最後に生えてくる親知らずは生えるスペース不足から、生えてくる場合と生えてこない場合(最初からない場合もあります)があります。

生え方によっては

歯ブラシが当たらない
汚れが溜まりやすい
歯ぐきが腫れやすくなる
部分的に歯周病が進んでしまう

という悪循環がうまれます。

そのため抜歯をお勧めすることがあるのです。逆に
手前の歯と同じ様に生えていて歯ブラシがしっかり当たっている
完全に骨に埋まっている
悪影響がない
と判断した場合はそのまま経過観察となります。

親知らずは生え方によって処置方法がかわりますので、一度受診して頂く事をお勧め致します。
 

pagetop

親知らずの治療についてよくある質問

親知らずを抜くのって痛いんでしょ?
抜歯の際には麻酔をしますので痛いということはありません。生え方によって抜歯の方法も違い、処置にかかる時間も違います。

抜いた後の痛みは痛み止めでコントロールしながら傷口の治りを待ちます。

親知らず抜いたら腫れるんでしょ?
これも生え方によって違います。上の歯の親知らずで歯の頭の部分の出てくる場合は腫れない場合がほとんどです。逆に下の親知らずで骨にほとんどが埋まっている場合は腫れがでる事が多いです。

親知らずがどのように生えていて、どのくらい骨に埋まっているかはレントゲン写真から診断出来ますので、自分の親知らずがどのような位置にいるのか一度受診されることをお勧め致します。
 

pagetop

親知らずが当院で抜歯出来ない場合。

親知らずが当院で抜歯出来ない場合もございます。

親知らずの下には大きな血管と神経が通っています。その血管や神経と親知らずの距離が近い場合、その他の抜歯によりリスクが高い場合には専門医のいる近隣の口腔外科や大学病院の口腔外科専門医を紹介致します。
 

pagetop

インプラントとは

東浦和 インプラント 歯を失って悩んでいる方はいませんか?そんな方にオススメの治療方法が、"インプラント"です。

抜けてしまった部分などの状態に際し、人工の歯を埋め込む治療を指します。最近「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。

歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

そもそも、歯を失ってしまったときにそれを補う方法は【インプラント】【ブリッジ】【入れ歯】の3つしかありません。ここではそれぞれの治療方法を比較しながら、インプラント治療をご紹介いたします。
 

pagetop

インプラントのメリット・デメリット

インプラントは顎の骨の中に植わっていますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚があります。

また、インプラントは顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担がかからないので、他の歯が抜けやすくなるといった問題が発生しません。見た目も自然で、口もとを気にせず大きな口を開けて笑うことができます。

しかしながら、インプラントを入れるには、顎の骨にインプラントを入れるための比較的大掛かりな外科手術が必要です。また、費用もブリッジ・入れ歯と比較して高額になります。とはいえ、最近では痛みの少ない治療方法や、スピーディーな治療方法が確立されています。ぜひ一度当院までご相談ください。
 

pagetop

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジとは、失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。

ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、入れ歯に比べて違和感なく、美味しく食べることができます。またインプラントよりも比較的短期間で治療する事ができます。

しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。ブリッジは両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってきます。そのため、支える歯に負担がかかりすぎて、歯周病になってしまうケースがあります。他にも、支える歯の周囲を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。
 

pagetop

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯 入れ歯の最大のメリットは、保険の適応内であれば、比較的安く、短期間で手軽に作ることができることでしょう。

しかし、入れ歯にも様々なデメリットがあります。まず、入れ歯は人工の異物ですので、補う歯の本数が大きくなるほど、口の中に違和感が出てきます。かみ心地も自分の歯やブリッジ、インプラントと比べて力が入りにくくなります。

また入れ歯は、固定するために、他の歯にバネをかける必要があるのですが、バネをかけられてしまった歯は比較的早期にダメージを受けてしまうことが多いようです。他にも、見た目が悪い、取り外し式なので手入れが大変など、多くのデメリットがあります。

保険外の入れ歯になりますが、入れ歯のバネが目立ちにくい材質もありますので、入れ歯をご希望の方は一度ご相談下さい。
 

pagetop

インプラント 担当医のプロフィール

篠木先生 篠木 毅 (しのき たけし)

【経歴】
日本レーザー歯学会:理事:指導医・認定医
Er:YAGレーザー臨床研究会:委員

1979年:神奈川歯科大学 卒業
1989年:埼玉県川口市 開業
2002年:タイ・バンコック敬愛歯科 開院
2010年:東京医科歯科大学 大学院 終了
2011年:博士号取得

埼玉インプラント研究会  理事
川口歯科医師会      学術担当理事
特定非営利活動法人(NPO)歯科医学教育国際支援機構( OISDE:Organization of International Support for Dental Education ) 東南アジア地域担当理事
国際レーザー歯学会( WFLD:World Federation for Laser Dentistry ) 会員
日本口腔インプラント学会 会員
日本歯科保存学会     会員
日本歯内療法学会     会員
SPI( Swiss Precision Implant )インプラント 公認インストラクター
 

pagetop